[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

βラクトペプチドの研究結果

Research Results of “Beta-Lactopeptides”

「βラクトペプチド」は、
脳の細胞や神経回路に働きかけて
脳の機能を活性化することが確認されています。
これまで、国内外の学術誌や学会・学術集会において
多くの研究成果を発表しています。

認知症予防

認知症を予防する効果が
示唆されました。【非臨床試験】

βラクトペプチドを摂取したアルツハイマー病のモデルマウスにおいて、ミクログリアによるアミロイドβの除去作用が活性化し、神経傷害に繋がる炎症も抑制され、認知機能の低下も改善されました。

アルツハイマー病モデルマウスの脳におけるアミロイドβの沈着アルツハイマー病モデルマウスの脳におけるアミロイドβの沈着

アルツハイマー病モデルマウスの脳におけるアミロイドβの沈着

βラクトペプチド(WY)摂取群では対照食摂取群に比べて
アミロイドβの沈着が減少しています

アルツハイマー病モデルマウスの脳における炎症状態アルツハイマー病モデルマウスの脳における炎症状態

アルツハイマー病モデルマウスの脳における炎症状態

βラクトペプチド(WY)の摂取によって、
傷害性ミクログリアによる炎症が抑えられています (p<0.05)

アルツハイマー病モデルマウスの認知機能アルツハイマー病モデルマウスの認知機能

アルツハイマー病モデルマウスの認知機能

βラクトペプチド(WY)摂取によって、
記憶に関する認知機能が改善しています(p<0.05)

参考文献

・Ano Y, et al. Aging (Albany NY). 2019 May 23; 11(10): 2949-2967.

ページトップへ戻るページトップへ戻る

記憶力改善

認知症の原因とされるアミロイドβの沈着と脳内の炎症を抑えることにより

中高年を対象とした試験において、加齢に伴って低下する記憶力(手がかりをもとに思い出す力)が改善することが示されました。

言語流暢性試験 (記憶想起) の改善言語流暢性試験 (記憶想起) の改善

言語流暢性試験 (記憶想起) の改善

「もの忘れ」や「うっかりミス」を自覚する
中高年において
βラクトペプチドの摂取によって
記憶力に関係する認知機能が改善しています(p<0.05)

視覚性対連合試験 (記憶想起) [左] と S-PA (記憶想起、ワーキングメモリ―)の改善視覚性対連合試験 (記憶想起) [左] と S-PA (記憶想起、ワーキングメモリ―)の改善

視覚性対連合試験 (記憶想起) [左] と
S-PA (記憶想起、ワーキングメモリ―)の改善

健常な中高年において
βラクトペプチドの摂取によって
記憶力に関係する認知機能が改善しています

参考文献

・Kita M, et al. Nutrients. 2018 Jul 13; 10(7): 899.

・Kita M, et al. Front Neurosci. 2019 Apr 24; 13: 399.

ページトップへ戻るページトップへ戻る

注意力改善

認知症の原因とされるアミロイドβの沈着と脳内の炎症を抑えることにより

中高年を対象とした試験において、加齢に伴って低下する注意力(集中しないといけない作業において、多くの情報の中から大切なものごとを見落とさず素早く正確に気付ける力)が改善することが示されました。

ストループ試験 (実行機能) の改善ストループ試験 (実行機能) の改善

ストループ試験 (実行機能) の改善

「もの忘れ」や「うっかりミス」を自覚する
中高年において
βラクトペプチドの摂取によって
注意力に関係する認知機能が改善しています(p<0.05)

末梢検出課題 (実行機能) の改善末梢検出課題 (実行機能) の改善

末梢検出課題 (実行機能) の改善

健常な中高年において
βラクトペプチドの摂取によって
注意力に関係する認知機能が改善しています

参考文献

・Kita M, et al. Nutrients. 2018 Jul 13; 10(7): 899.

・Kita M, et al. Front Neurosci. 2019 Apr 24; 13: 399.

ページトップへ戻るページトップへ戻る

キリン・小岩井乳業・協和発酵バイオが共同研究

「βラクトペプチド」とは、キリン・小岩井乳業・協和発酵バイオが共同研究を行っている乳由来の機能性ペプチドです。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ