[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

免疫の根本を強くする Lactococcus lactis JCM 5805 プラズマ乳酸菌 研究レポート

プラズマ乳酸菌とは、キリン・小岩井乳業・協和発酵バイオが共同研究を行っている乳酸菌です。免疫の根本を強くし、風邪やインフルエンザ様症状のリスクを低減するなどの働きがあります。

  • 小岩井乳業株式会社
  • KIRIN
  • 協和発酵バイオ

プラズマ乳酸菌の研究成果3つをチェック!

  • 研究成果1

    風邪・インフルエンザ様症状・発症リスクを低減!

    風邪・インフルエンザ様症状・発症リスクを低減!

  • 研究成果2

    アンチエイジング効果を確認!(マウスによる試験)

    若さキープ!

  • 研究成果3

    ロタウイルス感染症状の緩和効果を確認!(マウスによる試験)

    腸内のウイルスが半減!

*1 理化学研究所バイオリソースセンターのL. lactis JCM 5805です。
*2 毛つやなどの見た目を中心とした老化抑制
*3 特に乳幼児が感染しやすい急性胃腸炎を引き起こすウイルス

プラズマ乳酸菌のチカラの秘密

プラズマ乳酸菌は、一般的な乳酸菌のように生きて大腸で働くのではなく、免疫細胞がある小腸で吸収されて働きます。

メカニズム詳細

  • 1.口から摂取
  • 2.小腸で吸収
  • 3.小腸にあるpDC細胞を活性化!

出典:PLoS ONE.6:e0119055 (2015)

  • 一般的な乳酸菌
  • プラズマ乳酸菌
  • NK細胞

    広く異常細胞を殺傷する

  • キラーT細胞

    ウイルス感染細胞を殺傷する

  • B細胞

    ウイルスに対する抗体を作る

  • ヘルパーT細胞

    キラーT細胞やB細胞の働きを助ける

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ