[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

研究成果

肌フローラ(肌に棲む細菌の集団)のバランスを維持!
肌フローラ(肌に棲む細菌の集団)のバランスを維持!

肌フローラのバランスを維持し、
肌のバリア機能を高める可能性が確認された

プラズマ乳酸菌摂取群とプラセボ(非摂取)群の2群にわけて肌の状態を比較した結果、プラズマ乳酸菌摂取群では肌フローラの変化量が少なく、肌フローラのバランスが維持されることがわかりました。

このとき、肌のバリア機能に重要な役割を果たすタイトジャンクション*の 遺伝子発現量の増加が確認されました。

*摂取群間で統計的有意差あり p<0.05
*タイトジャンクション遺伝子:肌の細胞同士の結合に必要なタンパク質を作る遺伝子で、水分保持や悪玉菌の侵入防御などに寄与していると言われている。
出典:日本農芸化学会2018年度大会

詳しくみる

研究者・医療関係者の方は
こちらをご覧ください

プラズマ乳酸菌ライブラリー
キリン・小岩井乳業・協和発酵バイオが共同研究

プラズマ乳酸菌とは、キリン・小岩井乳業・協和発酵バイオが共同研究を行っている乳酸菌です。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ