[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

MENU

L.ラクティス
プラズマ
の効果

L.ラクティス プラズマの効果

L.ラクティス プラズマは
風邪様症状や各種ウイルスに対しての効果が報告されています。

1.風邪・インフルエンザ様症状(成人)

風邪・インフルエンザ様症状の発生リスクを低減!

乳酸菌 L.ラクティス プラズマの摂取によって、インフルエンザ累積罹患率が低いことが確認されたほか、「咳」や「熱っぽさ」など、風邪、インフルエンザ様症状の自覚症状が軽減されました。

風邪・インフルエンザ様症状〈自覚症状の比較〉
「咳」
「熱っぽさ」
ひどい/かなりある/多少ある/少しだけある

**は有意水準0.01で、統計学的に有意差あり
出典:Br J Nutr. 114:727-733, 2015.

詳しくはこちら

2.風邪・インフルエンザ様症状(小児)

インフルエンザ累積罹患率が低減!

岩手県雫石町の全小中学校生を対象に乳酸菌 L.ラクティス プラズマを給食で3か月間(週3回)配布したところ、隣接するA町と比較してインフルエンザ累積罹患率が減少しました。

小中学生の町別インフルエンザ罹患率の比率
■雫石町(乳酸菌 L.ラクティス プラズマ摂取)・■隣接A町「有意に低い」

**は有意水準0.01で、統計学的に有意差あり
出典:Health, 9: 756-762, 2017.

詳しくはこちら

3. ロタウイルス(非臨床試験)

ロタウイルスの増殖を抑制!

乳酸菌 L.ラクティス プラズマを摂取したマウスの糞便中ウイルス量を調べたところ、腸内のウイルス量が低下し、ロタウイルス感染症状が緩和されたことが判明しました。

糞便中のロタウイルス腸の比較
ロタウイルス感染3日目 腸内のウイルス量が低下

*は有意水準0.05で、統計学的に有意差あり
出典:Int Immunopharmacol., 56; 205-211, 2018.

ロタウイルスとは!

ロタウイルス感染性胃腸炎を引き起こすウイルスで、世界で子供の死亡者、感染者の最も多いウイルスの一つ。
5歳未満の子の死亡者は、世界で年間180万人に上るという報告もあり、その80%が発展途上国で起こっている。
感染力が非常に強いため感染予防は難しく、日本では死亡することは稀だが、感染者数は非常に多いため、子供の感染症において対応が重要なウイルスの一つ。

参考:NIID 国立感染研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/3377-rota-intro.html
より要約

詳しくはこちら

4. デングウイルス(非臨床試験)

デングウイルスの増殖を抑制!

乳酸菌 L.ラクティス プラズマによって刺激された樹状細胞によってデングウイルスの増殖抑制効果が認められました。

各種乳酸菌刺激によるデングウイルス増殖抑制効果の比較
ウイルス量(相対値) 増殖を抑制

**は有意水準0.01で統計的に有意差あり
*は有意水準0.05で統計的に有意差あり
vs刺激無し
出典:Antiviral Res. 160:101-108, 2018.

デングウイルスとは!

ネッタイシマカなどの蚊によって運ばれて、デング熱を引き起こすウイルス。
デング熱は、ネッタイシマカなど存在する東南アジア・南アジア・中南米など主に熱帯・亜熱帯で多く発生し、全世界で、年間1億人が発症する。
海外に行った際に感染し、日本国内で発症する例も増加している。

参考:NIID 国立感染研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/encycropedia/392-encyclopedia/238-dengue-info.html
より要約

5. ワクチンアジュバント(非臨床試験)

インフルエンザ抗原に対する免疫効率の向上

乳酸菌 L.ラクティス プラズマの摂取によって免疫効率が上昇し、ワクチンアジュバント様効果があることが示唆されました。

インフルエンザ抗原に反応する抗体量比較
抗原特異的な抗体量

*は有意水準0.05で統計的に有意差あり
出典:Biochem Biophys Res Commun. 503:1315-1321,2018.

ワクチンアジュバントとは!

アジュバント(Adjuvant)とは、ラテン語の「助ける」という意味をもつ 'adjuvare' という言葉を語源に持ち、ワクチンと一緒に投与して、その効果(免疫原性)を高めるために使用される物質のことです。あくまでもワクチンの効き目を高めるためのものなので、アジュバントだけを投与してもワクチン効果は得られません。抗原の一部の成分を精製して接種するワクチンは一般的に効き目が弱いのでアジュバントの添加が必要です。

出典:ワクチンアジュバント研究センター
https://www.nibiohn.go.jp/CVAR/adjuvant.html

1. スポーツ・トレーニング

激しい運動による体調不良を抑制、
疲労感を軽減!

乳酸菌 L.ラクティス プラズマの摂取により、激しい運動継続時の体調不良や疲労の自覚症状が軽減されることがわかりました。

運動後の体調・疲労の自覚症状累積
体調
疲労

*は有意水準0.05で、統計学的に有意差あり
出典:J Int Soc Sports Nutr. 15: 39, 2018.

詳しくはこちら

2. 抗老化(非臨床試験)

外観の老化を抑制!

乳酸菌 L.ラクティス プラズマの摂取により、老化スコアの上昇が抑制されることがわかりました。特に皮膚の様子を詳細に観察すると、老化による構造の崩れを抑制することがわかりました。

L.ラクティス プラズマによる老化スコアの変化
老化スコア(点) 若さキープ
皮膚の厚さ比較
標準食/L.ラクティス プラズマ

出典:Int Immunopharmacol. 58: 166-172,2018.

3. 肌フローラ

肌フローラ(肌に棲む細菌の集団)の
バランスを維持!

乳酸菌 L.ラクティス プラズマの摂取により、肌フローラのバランスが維持され、肌バリア機能が増強されることがわかりました。
このとき、肌のバリア機能に重要な役割を果たすタイトジャンクション遺伝子*発現量の増加が確認されました。

※タイトジャンクション遺伝子:肌の細胞同士の結合に必要なタンパク質を作る遺伝子で、水分保持能などに寄与していると言われている。

肌フローラにおける効果
プラセボ群 変化なし85.26% 変化あり14.74%
乳酸菌 L.ラクティス プラズマ群 変化なし99.48 変化あり0.51% バランスを維持

出典:第117回日本皮膚科学会総会

タイトジャンクション遺伝子の発現量の比較
タイトジャンクション構成遺伝子A
タイトジャンクション構成遺伝子B
プラセボ群/乳酸菌 L.ラクティス プラズマ群

*は有意水準0.05で、統計学的に有意差あり
出典:第117回日本皮膚科学会総会

肌フローラとは!

肌フローラ(肌細菌そう)とは、私たちの肌に棲む細菌の集団のこと。
近年腸内フローラが着目されていますが、フローラは腸内だけでなく肌にも存在しています。
このバランスが良好で安定な状態であれば、肌の健康も保たれやすいと言われています。
細菌の種類としては「善玉菌」「日和見菌」「悪玉菌」があり、肌1cm2あたり、100〜1,000万の細菌が存在します。

良い働きをする 善玉菌 表皮ブドウ球菌など/強い方の味方をする 日和見(ひよりみ)菌 アクネ菌など/悪い働きをする 悪玉菌 黄色ブドウ球菌など

出典:Nat.Rev.Microbiol. (2011)
日本化粧品技術者会(SCCJ)化粧品事典

詳しくはこちら

4. 労働パフォーマンス

労働パフォーマンスの指標を改善!

乳酸菌 L.ラクティス プラズマの摂取により体調が良好に維持され、労働パフォーマンスの指標を改善したことが確認されました。

摂取による体調の比較
体調
摂取による労働パフォーマンスの
比較
絶対的プレゼンティーズム※

※過去28日間の自分自身の仕事上のパフォーマンス評価
**は有意水準0.01で、統計学的に有意差あり
*は有意水準0.05で、統計学的に有意差あり
出典:Prev Nutr Food Sci. 25(2): 140–145, 2020.

詳しくはこちら

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ