[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

MENU

L.ラクティス
プラズマとは?

L.ラクティス プラズマとは?

乳酸菌L.ラクティス プラズマは一般的な乳酸菌ができない、
免疫の司令塔であるpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)を直接活性化できる乳酸菌です。

1. 乳酸菌 L.ラクティス プラズマと他の乳酸菌の違い

乳酸菌 L.ラクティス プラズマは、免疫の司令塔であるpDCを直接活性化することで、免疫全体を活性化させることができます(下図)。

一般的な乳酸菌の防御機構/乳酸菌L.ラクティス プラズマによるpDC活性化と抗ウイルス防御機構

参考:Pharma Medica 35(7):69-74,2017より一部改変

乳酸菌 L.ラクティス プラズマによるpDC活性化の意味

一般的な乳酸菌が免疫細胞を活性化することはよく知られていますが、これは一部の免疫細胞のみの活性化であるため、ウイルスへの攻撃は限定的となります。
L.ラクティス プラズマは、ウイルス免疫の司令塔であるpDCを活性化できるので、免疫細胞全体を活性化できます。その結果、総合的にウイルス攻撃することができます。

2. L.ラクティス プラズマと一般的な乳酸菌のpDC活性化能の比較

pDCは、ウイルスを攻撃する際にインターフェロンαを産生しますが、乳酸菌 L.ラクティス プラズマは、他の一般的な乳酸菌と比較して、pDCに最も多量なインターフェロンαを産生させることができました。

※免疫細胞が出すウイルスが増えるのを抑える物質

L.ラクティス プラズマならびに他の乳酸菌を添加したときのインターフェロンα産生量(in-vitro試験)

L.ラクティス プラズマならびに他の乳酸菌を添加したときのインターフェロンα産生量(in-vitro試験)

出典:第48回日本小児感染症学会(2016年)

pDC培養系に、L.ラクティス プラズマならびに他の乳酸菌を添加し、インターフェロンαの産生量を測定した。

3. L.ラクティス プラズマによるpDC活性化の仕組み

小腸での吸収とpDCの活性化

一般的な乳酸菌の働きは、生きて大腸まで届いて腸内環境を整える働きをすることですが、乳酸L.ラクティス プラズマが免疫の司令塔であるpDCを活性化する場所は小腸です。口から摂り込まれたL.ラクティス プラズマは、小腸で取り込まれてpDCを活性化して直接的に免疫に作用します。また、L.ラクティス プラズマは、生菌でも死菌でも同様にpDCを活性化することができます※1-6

参考:PLoS One 10(3): e0119055,2015.

L.ラクティス プラズマを経口摂取した際に想定される小腸におけるpDC活性化のメカニズム。L.ラクティス プラズマは小腸免疫組織であるパイエル板より取り込まれ、pDCを活性化することで、ウイルス免疫に対する応答を制御する。

※1 Clin Immunol Vol 149: 509‒518,2013. ※2 Br J Nutr. 114:727-733,2015. ※3 J Func Food. 24: 492-500,2016. ※4 薬理と治療(JPT)Vol.43:No.10,2015. ※5 Health, 9: 756-762,2017. ※6 J Func Food. 35: 513-521,2017.

L.ラクティス プラズマによるpDC活性化の様子

乳酸菌 L.ラクティス プラズマはpDCの内部に取り込まれ、直接活性化することができます。一方で、一般的な乳酸菌である対照の乳酸菌はpDCの外部に留まり、内部には取り込まれません(図)。
また、pDCにL.ラクティス プラズマを加えると、pDCのかたちが変わり、ウイルスを攻撃する際の「活性化型」となっています(図)。

L.ラクティス プラズマ(左)と対照乳酸菌(Lactobacillus rhamonsus ATCC53103)(右)を緑色蛍光分子にて標識し、それぞれpDC培養系(赤色は細胞を示す)へ添加した際のpDCによる貪食の様子。L.ラクティス プラズマのみがpDC内部に取り込まれている様子がわかる。
:電子顕微鏡による細胞形態観察。L.ラクティス プラズマをpDC培養系へ添加すると活性型となり、形態変化がおこる。

出典:PLoS One 7(4): e32588,2012.

4. L.ラクティス プラズマによるpDC活性化(ヒト試験)

乳酸菌 L.ラクティス プラズマを摂取することで、pDCの活性が高く維持されることを、ヒト試験においても確認しています。

ヒトにおける乳酸菌 L.ラクティス プラズマ摂取時の血中pDC活性

健常な男女38名を、被験食品群(L.ラクティス プラズマを1,000億個含有するヨーグルト飲料を摂取する群、19名)もしくはプラセボ群(L.ラクティス プラズマを含まない飲料を摂取する群、19名)に分け、それぞれの試験食品を4週間にわたって摂取させ、試験前後の血中pDC活性を測定しました。その結果、被験食品群は、プラセボ食品群と比較して、試験終了時の血中pDC活性が有意に高いことが認められました。
(ランダム化二重盲検並行群間試験)

活性が高く維持された

出典:Clinical immunology 149, 509-518,2013.

COLUMN

研究開発に込めた思い

キリンホールディングス株式会社
ヘルスサイエンス事業部
藤原 大介 博士(農学)

食品の摂取を通じた健康維持へのアプローチ

従来、広く国民に認知されてきたインフルエンザ等のウイルス感染に加え、近年のグローバルな人とモノの移動手段の発達は、国や地域を跨いだウイルスの感染リスクの増大に繋がり、リスクが高まることが想定されます。この問題の解決手段として、検査技術の向上や、ワクチン、抗ウイルス薬等の開発が進められています。一方で、このようなアプローチはウイルス種特異的であり、開発にも長い期間を要します。そこで我々は、利便性と安全性の高い食品の摂取を通じて、日常生活のなかでウイルス感染全般に対して抵抗力を高めることで、発症率の低下や、発症時の重症化を防ぐ、というコンセプトに基づき、研究に着手しました。

プラズマサイトイド樹状細胞を活性化させる乳酸菌の開発

乳酸菌は、古来よりヒトが食品づくりに活用してきた、安全性が高く、かつ、取扱いが容易な食品素材として知られています。乳酸菌が健康機能に影響を及ぼすことは広く研究されており、整腸作用や腸内細菌叢改善効果が著名です。また、乳酸菌自体が自然免疫刺激物質として、免疫賦活に関与することも知られています。しかしその場合は一部の免疫細胞しか活性化することができない、という限界がありました。これに対し、我々は、ウイルス免疫の司令塔細胞である、プラズマサイトイド樹状細胞を活性化することができる乳酸菌ならば、結果として免疫系全体へはたらきかけることができるであろうという仮説のもと、探索を始めました。当時は、プラズマサイトイド樹状細胞を活性化できるような乳酸菌は存在しないというのが定説でした※。しかし、我々は粘り強く実験を行い、ついに目的の乳酸菌の同定を達成し、プラズマサイトイド樹状細胞を活性化する乳酸菌、という意味を込めて「L.ラクティス プラズマ」と命名しました。

※ Blood 2009;113:4232-4239. Human plasmacytoid dendritic cells are unresponsive to bacterial stimulation and require a novel type of cooperation with myeloid dendritic cells for maturation.

開発者としてL.ラクティス プラズマに期待すること

人生100年時代といわれる今、楽しく活き活きと生活することが大切だと考えます。L.ラクティス プラズマは、ヒトの健康維持に必須である「免疫」に関与します。自分も含め、皆がいつまでも元気に幸せに暮らしていくことに、L.ラクティス プラズマが役立てば良いとおもっています。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ