[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

日常生活と免疫力の関係

免疫力をアップして感染リスクを低下

わたしたちの日常生活の状態と、カラダに備わる免疫機能の状態は密接に関係しており、加齢や日々のストレス、栄養バランスの偏りなどにより、日常生活のバランスが崩れると、免疫機能の低下へと直結します。

免疫力が低下すると、感染症やアレルギー、疾患などを発症するリスクが高まるため、日常生活のバランスを正常に保ち、ふだんから免疫力を高めることで、感染リスクを低下させることができるのです。


そもそも免疫力ってなに?

「免疫」は私たちのカラダが持っている最大の防御システム。外から入ってくる細菌やウイルスの侵入を防御、攻撃し、カラダの健康状態を保つ働きをします。また、さまざまな生命現象にも密接に関わり、カラダの内側だけではなく外側のバランスも整え、肌や髪へも影響を及ぼすとされています。

免疫細胞にはたくさんの種類があり、その役割もさまざまですが、日々の環境や体調によっても変動するため、睡眠不足やストレス、偏った食生活などは免疫力の低下に繋がります。


乳酸菌と免疫力の関係って?

私たちの腸内には善玉菌などをはじめとする無数の細菌が存在しますが、それらは腸内の壁面にお花畑のように密集しているため、「腸内フローラ」と呼ばれます。また、私たちのカラダに備わる免疫機能もその多くが腸内に集中しています。乳酸菌も細菌なので、体内に入れば異物として認識され、免疫系を活性化させます。

腸内フローラの中の細菌のバランスを最適に保つことが免疫機能を正常な状態に保つことにも繋がるため、乳酸菌をカラダに摂り入れることで、免疫力をアップさせることができるのです。

研究者・医療関係者の方は
こちらをご覧ください

プラズマ乳酸菌ライブラリー
キリン・小岩井乳業・協和発酵バイオが共同研究

プラズマ乳酸菌とは、キリン・小岩井乳業・協和発酵バイオが共同研究を行っている乳酸菌です。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ