[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

プラズマ乳酸菌(Lactococcus lactis JCM5805株)とは?

これまでの乳酸菌とは異なる「免疫メカニズム」で免疫の根本を強くする乳酸菌です。

免疫の根本を強くする?これまでの乳酸菌とは何が違うの?

プラズマ乳酸菌の力の秘密は...

<対ウイルス免疫の司令塔(pDC)>の活性化

通常の状態のpDCからプラズマ乳酸菌を加えた状態のpDC

ひとえに免疫細胞といっても、役割は様々。これまでの乳酸菌は、ウイルスに対して一部の役割を担う細胞(NK細胞など)を活性化させるだけでした。
一方で「プラズマ乳酸菌」は、<対ウイルス免疫の司令塔(pDC)>を直接活性化させるという、これまでにない画期的な発見がされました。pDCからの指令により、いくつもの役割をもつ免疫細胞の全ての種類を活性化させるため、総合的なウイルス感染防御システムがパワーアップするのです。

これまでの機能性乳酸菌 一部の細胞しか活性化しない

一方で「プラズマ乳酸菌」は、<対ウイルス免疫の司令塔(pDC)>を直接活性化させるという、これまでにない画期的な発見がされました。pDCからの指令により、いくつもの役割をもつ免疫細胞の全ての種類を活性化させるため、総合的なウイルス感染防御システムがパワーアップするのです。

プラズマ乳酸菌 全員協力でウイルスの感染を防御!

プラズマ乳酸菌でpDCが臨戦態勢に!

「pDC」は免疫細胞の司令塔のような役割。普段は眠っている状態ですが、プラズマ乳酸菌を加えることである変化が!眠りから目覚めたpDCは日夜、外敵であるウイルスと戦って免疫細胞たちに指示を送り、防御や攻撃のためのアイテム(抗ウイルス物質)を出してウイルスに対して臨戦態勢をとる役割を担っています。
pDCの活性は、抗ウイルス物質の放出量やpDCの細胞表面マーカーなどで測ることができます。

プラズマ乳酸菌でpDCが臨戦態勢に!

動画でわかる!プラズマ乳酸菌のチカラ

pDCとウイルスをそれぞれ蛍光染色し、活性化していないpDCと、プラズマ乳酸菌で活性化されたpDCの様子を比較しました。活性化していないpDCがほとんど動かないのに対し、プラズマ乳酸菌で活性化されたpDCは、活発に動き回り、ウイルスをつかまえている様子が見られます。その後、他の免疫細胞たちに指令を与え、ウイルスを撃退します。

pDCとウイルスをそれぞれ蛍光染色し、活性化していないpDCと、プラズマ乳酸菌で活性化されたpDCの様子を比較しました。活性化していないpDCがほとんど動かないのに対し、プラズマ乳酸菌で活性化されたpDCは、活発に動き回り、ウイルスをつかまえている様子が見られます。その後、他の免疫細胞たちに指令を与え、ウイルスを撃退します。

活性化していないpDCの様子 プラズマ乳酸菌を加えた状態のpDCの様子

まとめ プラズマ乳酸菌を加えることで活性化したpDCの働き 1.ウイルスをつかまえる! 2.他の免疫細胞に指令を与える! 3.ウイルスを撃退する!

プラズマ乳酸菌の圧倒的パワー! 乳酸菌による抗ウイルス因子誘導能の違い

インターフェロンαのpDC生産量の違い(ヒト試験)

ウイルス防御に重要な、血液中の免疫応答性がアップ!

プラズマ乳酸菌を含む飲料を飲んでいたグループと、プラズマ乳酸菌を含まない飲料を飲んでいたグループを比較した結果、プラズマ乳酸菌を含む飲料を飲んでいたグループの方が、血液中のウイルスへの免疫応答性がより高いことを確認しています。

プラズマ乳酸菌を含むヨーグルト飲料を飲んでいたグループと、プラズマ乳酸菌を含まないヨーグルト飲料を飲んでいたグループを比較した結果、プラズマ乳酸菌を含む飲料を飲んでいたグループの方が、血液中のウイルスへの免疫応答性がより高いことを確認しています。

インフルエンザウイルスに対するヒト血液中の免疫応答性(ヒト試験)

ウイルスに対する免疫力がこんなに違う!

プラズマ乳酸菌ってすごい!

最新の研究成果により、プラズマ乳酸菌の様々なチカラが確認されています

  • 研究成果1 かぜ症候群・インフルエンザ様症状の頻度が軽減!

    「のどの痛み」が約半減!「せき」が約7割減少!

  • 研究成果2 ロタウイルス感染症状の緩和効果を確認!(マウスによる試験)

    腸内のウイルスが半減!

  • 研究成果3 アンチエイジングと寿命延長の効果を確認!(マウスによる試験)

    若さキープ!

  • インフルエンザ累積罹患率が低いことを確認!(隣接する2町で比較)

    岩手県の小中学校で調査!

*毛つやなどの見た目を中心とした老化抑制

プラズマ乳酸菌で免疫力アップ!

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ